【タイ旅行】みんな大好きカオマンガイ【ピンクと緑】

スポンサーリンク

こんにちは!しょうちゃんです。

前回はタイ旅行についてざっくりあっさりまとめてみましたが、今回からは観光やごはんについて書いていきます。

バンコク行きたいな~これからタイ行くよ~って人は参考にしてみてね。

まずはみんな大好きカオマンガイから紹介するよ!いえい!

スポンサーリンク

カオマンガイとは

ウィキペディア大先生に説明は任せます。

「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉を意味する。

いずれも、使用される鶏肉はタイの旧国名「シャム」に由来する軍鶏(シャモ)肉が主流であり、また米もタイで生産されたタイ米(ジャスミン米)であることから、素材の生産地から見ると、タイ料理として位置づけられているようである。

タイ国内ではこのカオマンガイ専門屋台が多数あり、見た目の素朴さだけでは分からない奥深い料理方法や秘伝のタレを競い合っている。また、日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気がある。

東南アジア一帯で食べられていて、特にシンガポールやマレーシアでは名物料理。

タイ語ではカオマンガイですがシンガポールなどでは海南鶏飯(ハイナンジーファン)、ハイナンチキンライスって呼ばれてます。

シンガポールで食べた海南鶏飯

鶏のだしがしみ込んだ優しいごはんの味は日本人にも好まれるのがうなずけます。

辛いのが苦手だからタイ料理はちょっと…という人はカオマンガイぜひ食べてみてほしい(あ、タレがピリ辛なときがあるから気を付けてね)

ちなみにカルディで売られている海南鶏飯の素を使うととっても簡単にお家で作れちゃうからオススメです。

これ大好きすぎて何回も作ってます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルディオリジナル 海南チキンライスの素 2合用
価格:205円(税込、送料別) (2019/3/10時点)

楽天で購入

 

 

さぁみんな、カルディへ走れ。

バンコクの有名店に行ってみた!

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

通称:ピンクのカオマンガイと呼ばれています。ガイドブックにも載っててとっても人気のお店。

行列必須です(回転率高いから割とすぐ入れるよ)

店員さんたちみんなピンクのポロシャツ着てるからピンクのカオマンガイ。なんとわかりやすい。

メニューボードがピンク。後ろにComing Soonと書かれてますが、なんとシンガポールに新店舗を出すそう!すごい!

なんなら日本にも渋谷・川崎・福岡に店舗があるそう。タイに行くのめんどくせぇなって人はぜひ日本で。

カオマンガイ以外にもメニューがいろいろありました。

1バーツ=3.5円くらい。どれもお手頃価格!カオマンガイは40バーツなので140円くらい。

安くて旨いは正義。大正義。

お皿は緑なんやね。タレ1種類とスープがついてきます。

このスープが鶏のだしが効いててこれまた美味しいんです…水道の蛇口ひねったらこのスープ出てきたらいいのに!!!!

カオマンガイ自体も鶏のだしがお米に染み込んでて美味しすぎて頭抱えるレベルです。

タレはニンニクと青唐辛子が入っててパンチのあるお味。辛いの苦手な人は青唐辛子避けましょ。友達が隣で「オクラやと思ってかじってしもうた…」って悶えてた。タレにオクラは入っていません。

この時そこまで空腹じゃなかったんだけど美味しくてあっという間に完食!

空腹じゃなくても食べれちゃうのって本当に美味しい証拠だよな(食い意地張ってるだけじゃね?

 

クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム

通称:緑のカオマンガイと呼ばれています。

ピンクのカオマンガイからすぐ近くにあります。本当目と鼻の先。

こちらはなんと24時間営業。すごい。

店員さんの制服が緑(…黄緑?)なので緑のカオマンガイ。なんとわかりやすい。

14時過ぎくらいにピンクのカオマンガイ行ったら最後尾で終了してたので緑のほうに行ったら大行列!みんな考えること一緒ね。ま、並ぶけど。

緑のカオマンガイはピンク以上にメニューが豊富で店先ではアイスも売られてました。ここのオリジナルかは不明ですが、フルーツの形しててかわいい!

数十分ならんでようやく店内へ。数メートル離れたところにも食べるスペースがあるみたいでそちらへ案内されました。効率のいい仕事ぶりです。

ドリンクの種類も豊富だし、カヤトースト(シンガポール名物のココナッツジャムのトースト)もあるみたい。

カオマンガイと一緒にポークサテー(豚肉の串焼き)も注文。カレー風味のタレ(写真右奥)が付いてきます。

フライドチキンとのハーフ&ハーフにしました!スープと2種類のタレがついてきて50バーツ。

揚げてるほうは衣がサクサク、茹で鶏のほうはしっとり柔らか。食感の違いが楽しめてハーフ&ハーフにして大正解。タレも個人的にはピンクよりこっちの緑のほうが好みでした!

まとめ

シンガポールで食べて以来チキンライスは大好物だったけどタイでカオマンガイを食べてさらに大好きになりました…!

またバンコクに行くことがあればピンクも緑も再訪したい!と思うくらい美味しかったです。

日本でカオマンガイが美味しいタイ料理屋さんを見つけたいな。

コメント