またもや真夜中ドライブ!!タジキスタン⇒ウズベキスタン国境越え

スポンサーリンク

こんにちは!リアルタイムはクラクフなんですが…ワルシャワより断然楽しい!!庄ちゃんです。

カムバック、おまえら。

ちなみに日本に帰国したたいしさんから「やばい!!日本人みたいなのがいっぱいいる!!」と連絡が。

それ全部日本人や。

【#52 2015.7.8 タジキスタン*ドゥシャンベ⇒ウズベキスタン*サマルカンド】

《レート*1ソモニ≒約20円/100スム≒約2円》

今日はタジキスタンからお隣ウズベキスタンへ!
トルクメの入国日を15日からで申請しているので、ウズベキスタンを観光できるのはたった1週間。

つまんないドゥシャンベをとっとと離れてウズベキスタンへ急がねばなりません。

何回経験しても国境越えはドキドキします。

目指すは青の都サマルカンド。タクシーやらマルシュやら乗り継ぎ乗り継ぎ国境越えです。

宿を11時にチェックアウト。すでに暑い。
ドゥシャンベのお宿 (4)
宿のお姉さんに国境までの行き方を聞いたら、すぐ近くのバザールからマルシュルートカが出てるって。

バザールまで行ってマルシュ探してると大量のジジイに囲まれました。

サマルカンドまで大移動 (2)
全然言葉通じないのに、みんなガンガン話しかけてくる(´・ω・`)
サマルカンドまで大移動 (1)
いやぁぁぁぁ怖いぃぃぃぃぃ!!
とりあえず67番に乗れって。67番のマルシュ乗ってたどり着いたのは長距離タクシー乗り場。
ドゥシャンベからトゥルンソダMAP
ここからレーガルって街を目指します。
地図だとTursunzoda(Тусунзодa)っがレーガルらしいです。
サマルカンドまで大移動 (4)

またも大量のジジイに囲まれる。

はじめ1人300ソム(約600円)とか言ってきたけど最終的には50ソム(約100円)まで下がりました!!たいしさんお疲れ様です。
サマルカンドまで大移動 (3)
レーガルまでは一時間。なぜか乗ってすぐに1度車乗り換えました。
サマルカンドまで大移動 (5)
そこから次は国境まで。15分で着いちゃうよ。
お兄さん「3」って指したのに30ソムだって!!もう!!結局2人で20ソムだけ払いました。

ここで余ったタジキスタンソモニをウズベキスタンスムに両替。
大金持ち!?

大金持ちになりました。

財布が曲がらねぇwすごい札束だけど、これで1万4千円ぐらいなんです。
ウズベキスタンでは闇レートが存在してて、公式レートとかなり差があるので銀行やATMでお金おそすととっても損することに。
まぁほとんどATMもないみたいですが。
なのでウズベキスタンを旅行する人は事前にドルを用意しておいて闇両替するんだって。
レートは毎日変動するし場所によっても様々みたいですが、私が行った7月は1ドル=4000~4400スム。公式レートだとなんと1ドル=2600スム。

以前は中央アジア周辺各国も闇両替がはびこっていたようですが、今は払拭されて残ってるのはウズベキスタンだけなんだそう。
「闇」なのでもちろんこれ違法なんですが、当たり前のようにウズベク国民の皆様闇レートで両替しております。
私たちは大体、宿の人に両替してもらってました。

タジキスタン側で1度パスポートチェック。そのあと出国審査。税関申告書持ってなくてドキドキしてたけどあっさりOK♥

さようならタジキスタン!!

またパスポートチェックがあって、そのあとウズベキスタン入国審査へ。

男女で審査する人がわかれてて、女の人は並んでるの一人だけ。5分ぐらい待って私の番。

ウズベキスタンの入国審査、荷物ぜーーーーーんぶ見られます!!!!

メインバックもサブバッグも一つ一つ全部チェック。
お姉さん、USドルのコインが珍しいみたいで「おぉ、いんたれすてぃんぐ~」っていいながら一個一個見てた。
いいから早くしろし。

カメラの中も見られて、パソコンもチェック。
結局パソコン使い方わからないみたいで片づけていいよって言われたけどw

もうめんどくさいったらありゃしねぇ!!!!!

せっかく大量の荷物うまいこと無理やり押し込んできれいにパッキングしてたのに!!

さらに靴も脱いでX線検査。数十分かかってやっと終了。

ちなみに男の人のほうは長蛇の列。
男の入国審査官は英語しゃべれないみたいで、英語しゃべれるお姉さんに何回も「これはなんだ?こいつなんて言ってんだ?」って聞きに来てた。

そうそう、ウズベキスタンは猥褻物の持ち込みは厳禁です!!

たいしさんの前に並んでた韓国人のおじさんがパソコンに入ってたポルノ持ってるの見つかってめっちゃ焦ってたってw

「ぬ~どじゃじん~」って言ってたからわかったらしいwww

韓国語でも読み方(?)そのまんまなのね…また一つ賢くなりました。

韓国エロジジイのおかげでウズベキスタン、いい滑り出しです!!面白いぞウズベキスタン!!笑
デナウ経由マップ
国境からサマルカンドまでは乗合タクシーです。デナウという街を経由していくから遠回りルートだけど仕方ないんですよねぇ。
たいしさんがめいいっぱい値切ってくれて65000ソム(約1500円)でした。
国境越えからまだまだ移動。 (1)
4人集まるまで待ちます。4人集まったほうが1人当たり安くなるからね。でもなかなか集まらなくて結局私たち2人+おじさんの3人で出発。
国境越えからまだまだ移動。 (2)
もうだいぶ長いこと待ったよ(´・ω・`)この時点で17時。

ウズベキスタンの夏、特に7月中旬は殺人的な暑さ!!私たちが行ったときは45℃とか当たり前!!50℃近いときも。
そんな中タクシーで待機…しんどかったなぁ( ;∀;)たいしさんもこんな顔、グラサン怖い。
砂漠みたいなウズベキの国境 (2)
さぁ出発出発!
砂漠みたいなウズベキの国境 (1)
キルギスともタジキスタンとも違うウズベキスタンの景色。陸路で移動してるとそれぞれの国の違いがはっきりと分かって面白いです。長期旅行だからこそ味わえるの楽しさ。
ウズベキアイスが美味しい!!
途中立ち寄ったところで買った屋台ソフトが安くてうんまい♡1000スムだから、25円ぐらい!!

22時ごろに給油ついでにごはん休憩。日が落ちてだいぶ涼しくなりました。
ウズベキアイス (2)
またアイス食べました。ベリー味。美味しいです。
まだまだサマルカンドまで遠そうです。ドライバーさんにお願いして、宿に夜中に到着するって電話してもらいました。
やっと夜ご飯 (1)
いつものナンです。これから向かうサマルカンドの「サマルカンドナン」はとっても美味しいそうなので楽しみです。
やっと夜ご飯 (2)
いつものサラダです。ナンもサラダも頼んでなくても勝手に出てきて勝手にお金取られます。
やっと夜ご飯 (4)

私たちが頼んだのはシャシリク。玉ねぎ嫌いなたいしさん、悲鳴。

ノーオニオン!って言ったのにね。
このシャシリクはミンチ肉、ジューシーでやわらかくて美味しかった!

再出発したのは23時。あと3時間かかるって( ;∀;)

夜に弱い私はもちろん電池切れ(・∀・)爆睡してたらあっという間につきました。

真夜中2時、宿の前でオーナーさんが待っててくれた。

ドライバーさんも一緒に乗ってたおじさんもオーナーさんも優しくて、ウズベキスタンすでに好き(*’ω’*)

もう眠すぎて疲れすぎてシャワーも浴びずにおやすみなさい。
(このときずーーーっとブログサボってたんですよね、本当すみませんでした!!)

明日から青の都サマルカンド観光!

先に申しあげておきます。

サマルカンド大好きです♥

世界各国津々浦々してきたたいしさんも「サマルカンドは良かった!」と。

ちゃんと楽しさが伝わるといいな。書くの楽しみです。

ではまた!

Have a nice day!!

コメント